News-300x199

〈速報〉診療報酬8年ぶりダウン

政府は2016年度診療報酬の改定で、医師の人件費や技術料などに当たる「本体」部分を0.49%引き上げる。しかし、薬価と医療器具の材料費を合わせた部分は1.33%引き下げることを決定した。全体の改定率はマイナス0・84%となるが、薬剤の費用を抑えた上で、医療従事者の人件費となる本体を増やすことになった。
診療報酬引き下げ
2015年12月19日 日本経済新聞