1e87932f5cf66a86e93841fcf46ba1f5_s

スーパー理論「ライフロール」

米国の学者であるドナルド・E・スーパーが提唱した最も古典的な理論である。
古典的な理論ではあるが、現代でも通じる普遍的な価値観を包含する理論である。

スーパーのキャリアの考え方は二つに分けられる。
1つ目は「ライフステージ」
2つ目は「ライフロール」

ライフロール
キャリアは人生のそれぞれの時期で果たす役割(ライフ・ロール)の組合せであるという概念で、各人の価値観・興味・好奇心・関心が、それぞれの時期で果たす役割に影響を与えると考えられている。

ライフロールの種類
子供・学生・市民・労働者・配偶者・親・余暇を楽しむ人

あなたが重点をおきたい役割は時期に応じて変化する。

PT・OT・STとして働き始めた時期は、専門職として一人前になることへの強い価値観が芽生える時期であり、労働者としての役割へ強いこだわりが生じる。

また、人によってはPT・OT・STとしての技術を向上させるために、労働者と学生という二つの役割を同時並行で担う場合もある。

さらに、親が年をとるとともに、子供としての役割が求められ、親の老後への対応を行う役割が増えてくる。

それぞれのライフステージにおいてどの役割に重点 を置きたいかを考えることは、人生や仕事において極めて重要なことである。

将来的には複数の役割を演じる可能性も高く、上手く役割を担うための準備も必要 である。

価値観を明確し、自分の価値観を満たす役割が担える仕事や勤務先を選択することが、理想の仕事・人生に近づく方法である。