21083428_1717247641917512_2248374380611309089_o

セミナー情報
2017年12月21日 (木)
ナイトセミナー 実技で学ぶ!膝関節の可動域制限の評価と治療(大阪府)

開催日時
2017年12月21日 (木)
開始:19:00 | 終了:21:30 | 開場:18:45

開催会場
株式会社Work Shiftセミナールーム(大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 親和ビル 403号室)

膝関節の関節可動域制限は、臨床の問題として上がることが多いため、膝関節の評価と治療はセラピストが習得したい分野の一つです。

膝関節疾患は当然のですが、高齢者、脳卒中片麻痺患者においても膝関節可動域制限により、正常な立ち上がり動作や歩行動作が阻害されていることが多く見られます。

膝関節への可動域練習を力任せにしているセラピストを散見しますが、果たしてそれで関節可動域は改善されるでしょうか?

むしろ、力任せにすることは、軟部組織や骨の損傷を招く可能性があります。

したがって、適切な関節可動域制限の因子を予測し、制限因子への適切な刺激を与える評価と治療技術を身につける必要があります。

そこで膝関節の研究、高齢者や膝関節疾患の臨床経験が豊富な光田尚代先生をお迎えして、膝関節の関節可動息制限の評価と治療に特化したセミナーを開催します。

本セミナーは実技を中心として、膝関節可動域制限の評価と治療を学んでいただけます。

具体的に何を触り、何を動かし、何を評価するか?を実感できるセミナーとなっています。

若手のセラピストだけでなく、中堅セラピストの復習としても最適の内容となっています。

 

お申し込み・詳細は
http://www.workshift.info/seminar/006.html
をご確認ください。

講師
光田尚代先生
IMG_07663
医療法人寿山会 喜馬病院
理学療法士
介護支援専門員

2004年 喜馬病院リハビリテーション部入職
2011年 喜馬病院リハビリテーション部 課長就任

膝関節に関する臨床研究を多数発表
特に整形疾患や高齢者の膝関節のリハビリテーションに関する経験が豊かである。