OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セミナー情報
2017年3月12日(日)
肩関節の関節可動域制限に対する解剖学的・運動学的アプローチ(兵庫県)

開催日時:2017年3月12日(日) 10:00~15:30
開催地:神戸リハビリテーション福祉専門学校(兵庫県神戸市中央区古湊通1丁目2−2)

関節可動域制限はリハビリテーションの中でよく経験する障害の一つであり、肩関節においても可動域制限拡大は重要な課題です。

実際に、特に高齢者のリハビリテーションでは、関節可動域の維持、拡大が最重要課題であります。

言い換えると、可動域制限の改善ができるセラピストは高いリハビリテーション効果が出せるセラピストということになります。

その関節可動域拡大には、単に関節を動かすのではなく、「知識」と「工夫」が必要です。

皆さんは可動域制限の制限因子を明確に評価する方法を持っているでしょうか?

関節内の動きを十分に評価したうえで可動域練習を行えているでしょうか?

これらを実践するためには、解剖学や運動学の知識が必要で、またその知識を応用する能力が必要となります。

また、知識を持ち応用力が伴えば、一般的に言われていることの真偽も客観的に判断することができます。

例えば、骨折後などに棘上筋の筋力低下が生じている症例で安静時から上腕骨頭が上方に変位することはよくあるが、これは本当に三角筋の問題なのでしょうか?

「そう言われているから」ではなく、正しい知識の応用と目の前の患者さんの身体機能から新たな見解を見つけることができます。

このセミナーでは、高齢者でみられる上腕骨頚部骨折や肩関節周囲炎を例に出しながら、可動域拡大に向けて必要な解剖学的、運動学的知識を紹介し、具体的な評価、治療方法について紹介します。

詳細・お申し込みは
http://www.workshift.info/seminar/021.html
をご確認ください。

講師
井尻朋人先生
20161207-q4Eyg1u(1)
医療法人寿山会 リハビリテーション部 部長
理学療法士・修士(保健学)

肩関節の論文・学会発表多数を行う肩関節のリハビリテーションのスペシャリストである。
広島大学大学院在学中より、肩関節の研究を行い、現在は医療法人寿山会喜馬病院リハビリテーション部部長の立場で、臨床現場にて肩関節や上肢機能に対するリハビリテーションと研究を行っている。
肩関節機能の評価や細やかな運動療法の展開を得意としている。