セミナー情報
2017年4月16日(日)
鈴木俊明先生の体幹の評価と運動療法(兵庫県)

開催日時
2017年4月16日 (日)
開始:10:00| 終了:16:00 | 開場:9:30

会場
神戸リハビリテーション福祉専門学校
兵庫県神戸市中央区古湊通1丁目2−2

臨床的に体幹の機能障害がADLの低下を引き起こしたというご経験はありませんか?

体幹はその解剖学的にも運動学的にも複雑であるため評価や運動療法が難しい部位であり、 特に脳卒中患者、高齢者、慢性腰痛患者などでは体幹の機能障害は著明となります。

体幹の運動機能を適正に評価することは適正な治療プログラムの立案に結び付きます。

また、体幹機能を高めることは、下肢や上肢の良好な反応を引き出すことにつながります。

今回のセミナーは体幹に関して数多くの知見をもつ鈴木俊明先生に体幹の評価と運動療法について実技指導を交えてお話をいただきます。

多くのエビデンスと臨床上の知見を持つ鈴木先生のセミナーは多くのセラピストより支持されています。

詳細・お申し込みは
http://www.workshift.info/seminar/001.html
をご確認ください。

講師
鈴木 俊明 先生 (理学療法士・医学博士 / 関西医療大学 所属)
20160411-pI3arX2(1)
関西医療大学保健医療学部理学療法学科学科長、関西医療大学大学院 研究副科長、教授、医学博士、理学療法士である。
神経疾患の理学療法を専門にしており、研究テーマは筋電図学的手法を用いた理学療法手技や理学療法効果検討である。また、神経疾患、特にジストニアの鍼治療に関する臨床研究をおこなっている。