14993293_1045520478893758_4701346135305691440_n

セミナー情報
2017年4月2日(日)
姿勢・歩行を変える足部・足関節の評価とアプローチ(大阪府)

開催日:2017年4月2日 日曜日
開催地:大阪コロナホテル 315会議室(大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3番21号)

姿勢と歩行を考える上で、足部機能を知ることは極めて重要です。

足部のアライメント
足部の感覚機能
足部の筋力
は上行性に影響を与え、立位姿勢や歩行に強い影響を与えます。

高齢者・運動器疾患・中枢疾患・スポーツ障害問わず、足部機能の維持・向上は臨床において重要であり、セラピストにとって是非とも、足部機能の評価とアプローチの技術は取得したい分野の一つです。

特に立位姿勢や歩行の場面において、足部機能の正常化が股関節や体幹機能の向上を引き起こすことも少なくありません。

しかしながら、足部・足関節を構成している筋や骨は多いため、非常に細かい解剖学と運動学の理解が必要です。

そのため、足部・足関節に対して多くの人が苦手意識を持っています。

本セミナーでは、足のスペシャリストである山口剛司先生をお迎えして、姿勢と歩行の改善のための足部の診方を徹底的にご解説いただきます。

足部・足関節の運動学・解剖学について学びたい方
足部・足関節の評価と治療について学びたい方
足部・足関節の治療アプローチの引き出しを増やしたい方
に適したセミナーとなっています

また、実技を多く取り入れたセミナーとなっており、実技を通じて足部・足関節の評価と治療を学びます。

詳細・申し込みは
http://www.workshift.info/seminar/023.html
をご確認ください。

講師
14993293_1045520478893758_4701346135305691440_n
講師の山口剛司先生(理学療法士)は、運動器疾患、スポーツ選手の臨床が豊富で、現在は神戸装具製作所に勤務しております。
インソールの作成過程では、足部・足関節の関節可動域、筋力、アライメントなどの関節機能や歩行などの動作分析を行い、個人に適したインソールを作成するという足部・足関節のスペシャリストです。