写真2

セミナー情報
2018年1月8日 (月)
病院・施設・在宅における転倒予防~評価とアプローチを考える~(兵庫県)

開催日時
2018年1月8日 (月)
開始:12:45 | 終了:17:15 | 開場:12:30

開催会場
神戸リハビリテーション福祉専門学校
住所:兵庫県神戸市中央区古湊通1丁目2−2
※JR神戸駅から徒歩4分
※お車でお越しの方は近隣の有料パーキングをご利用ください

在院日数短縮
在宅復帰率向上
在宅生活維持
が日本の医療・介護における大きなテーマになっております。

これらのテーマを実現するためには、医療機関・施設・在宅において質の高いケアを提供する必要があります。
質の高いケアの中でも、重要なものとして「転倒予防」が挙げられます。

転倒により骨折や活動性の低下が生じることや転倒が在宅復帰や在宅生活の維持の阻害因子ことが明らかになっています。

したがって、リハビリテーションに携わる理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、介護職にとって、「転倒予防」に関する知識や技術はぜひとも身に着けておきたい技術の一つです。

従来の転倒予防は、離床センサーを配置する、手すりを付ける、生活範囲を狭めるなどの消極的なアプローチが中心をなしていました。

また、「転倒予防」は、心身機能だけでなく、環境面や疾患のコントロールなど幅広いアプローチが必要となります。
本セミナーでは、「転倒予防」に関する研究や臨床アプローチを行っている福田圭志先生をお迎えして、「転倒予防」に関する実践的評価や解決方法について解説を頂きます。

詳細・お申し込みは
https://www.workshift.info/seminar/020.html
をご確認ください。

講師
福田圭志先生
写真1

<所属>
医療法人寿山会喜馬病院リハビリテーション部

<資格>
理学療法士
転倒予防指導士
地域包括ケア推進リーダー
介護予防推進リーダー

<学会発表>
第52回近畿理学療法学術大会
「健常者における後方ステップ時の下肢・体幹筋の筋活動について−下肢・体幹の筋活動開始に着目して−」
福田圭志、光田尚代、高木綾一、鈴木俊明
など学会発表多数

<論文>
福田圭志・他:地域在住高齢者の後方転倒と転倒リスク評価に関する横断研究.日本転倒予防学会誌4(1):53-59,2017.