4c09ae6e53a560db32c92d510dd946ac_s

パワースポットに行かないと上がらないモチベーションなど偽物である

パワースポットに行ってエネルギーをチャージしてきます

パワースポットに行けばモチベーションが上がります

モチベーションを上げるために、〇〇へ旅行し、有名なパワースポットに行ってきます

などの会話は良く聞かれる。

しかし、パワースポットに行けば仕事へのモチベーションが上がるなどそんな都合の良いことがあるのだろうか?

100歩譲って、モチベーションが上がったとしてもそのモチベーションは続くものだろうか?

そもそも、モチベーションを対外的なイベントや観光スポットに委ねていること自体がおかしい。

人間のモチベーションで最も強力で持続的なものは、内発的動機付けである。

内発的動機づけとは
物事に興味や関心を持つことで意欲が沸き起こり、達成感や満足感、充実感を得たいという、人の内面的な要因によって動機付けられるものである。

したがって、仕事へのモチベーションは仕事への興味や関心から沸き起こるものであり、決して、パワースポットとなるもので起こるものではない。

そもそも、パワースポットと言う用語自体に何の根拠もなく、旅行業界のマーケティング用語である。

ce9bd041ac1c187d4a294e624868d4e8_s

仕事に対するモチベーションが低下しているということは、仕事への興味や関心が薄れている証拠である。

パワースポットに行かないと上がらないモチベーションなど偽物である。

仕事がパワースポットでなければ、仕事のモチベーションは上がらない。

パワースポットに行けばモチベーションが上がるという幻想を捨てて、今すぐに仕事の在り方を見直す方が重要である。

あなたの仕事や職場はパワースポットになっていますか?

執筆者
高木綾一
セミナー講師
株式会社WorkShift 代表取締役
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術)
関西医療大学保健医療学部 助教
関西学院大学大学院 経営戦略研究科