746c6a255d4abfb1600f64494b4431fa_s

不完全さと不確実性を喜んで受け入れることでキャリアは前進する

自分のキャリアや生き方の選択を決定できない人は多い。

できるだけ正しい決定を行いたい
リスクの低い道を進みたい
できるだけ多くの情報を得て決定したい
などを理由に、キャリアの選択を躊躇している人は多い。

しかし、この世の中には完全に合理的な意思決定などは存在しない。

世の中の全ての情報を集めることはできない。

また、集めた情報の客観性の担保も完全ではない。

さらに、情報事態も時間の経過とともに変質していく。

したがって、完全に合理的な意思決定などはこの世に存在しないし、意思決定とは一定に不完全さを含んでしまうものである。

だからこそ、不完全や不確実さを過剰に恐れるのではなく、むしろ、それを楽しむぐらいの気持ちが必要である。

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

もし、決定した事柄が、悪い方向に進んでいくのであれば、その決定を覆しても別に構わない。

すべての決定を完全な最終決定にする必要もない。

そもそも、人間は成功より失敗から学ぶことの方が多い。

成功の連続を望むと言うのは不可能である。

失敗をするから、成功があるのだ。

したがって、失敗をすることを喜ばなければならない。

キャリアの決断を先延ばしにすれば、失敗する権利も失うことになる。

失敗をしないのだから、成長するチャンスも失う。

キャリアの選択においては、完璧主義者にならない方が良いのは確実である。

 

執筆者
高木綾一
セミナー講師
株式会社WorkShift 代表取締役
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術)
関西医療大学保健医療学部 助教
関西学院大学大学院 経営戦略研究科