ce9bd041ac1c187d4a294e624868d4e8_s

中年PT・OT・STはキャリアを真剣に考えないと、相当まずいことになる

2017年時点で40歳から50歳のセラピストは、2030年時点で53歳から63歳になっている。

あと、13年経てば、PT・OT・ST合わせて26万人ほど増えていることになる。

時代は超高齢化社会。

2030年の3人に1人が65歳以上の高齢者の時代では、社会保障費の圧縮はさらに進んでいる。

そのような時代では、医療機関や介護事業所の収益性は低下することから、人件費圧縮のために収入の低い労働者が重宝されるだろう。

給料の高い従業員は、相当な実力をもっていなければ会社としては雇い続けることは難しいだろう。

つまり、2017年度時点で中年のセラピストは2030年時点で「組織のお荷物」になる可能性が極めて高いと言える。

この中堅層は基本給が高い2000年前後にセラピストになっていることから、他の世代と比較して給与水準が高い。

2010a42ad585ce8c83d936a0d3ec51a9

そのうえ、セラピストが少なかった時代は、PT・OT・STという資格のプレミア価値があったことから現在中年のセラピストには、時代で勝ち残っていくための自己研鑽が必要であるという切迫感が乏しい。

きつい表現で言えば、やる気はないくせに中途半端に給与高いと言える。

2030年になれば、多くの中年セラピストが実力のなさを問い詰められ、退職せざる得ない状況になる。

したがって、中年セラピストこそ、キャリアデザインが必要である。

しかし、中堅セラピストにそのような危機感は感じられない。

一般企業のような中高年のリストラクチャリングがセラピストの世界で当たり前になるという危機は目の前に迫っている。