951137377a95f9a3dec3c8947c895a57_s

介護保険被保険者の資格要件

介護保険被保険者の資格要件
介護保険では、40歳以上の住民が、被保険者となって保険料を納め、保険事故が起きた場合に介護サービスという現物支給を受けることができる。

被保険者は二種類
第一号被保険者
市町村に住所がある65歳以上の者
第二号被保険者
市町村に住所がある40歳以上65歳未満の者で医療保険に加入している者
※日本国籍のない外国人でも、国内に住所があれば介護保険の被保険者となる

被保険者の強制適応
被保険者の資格要件に該当すれば、本人の意思は関係なく、何らかの手続きをせずとも被保険者となる。
介護保険の適用要件となる事実が発生した日に被保険者資格を取得する。これを発生主義や事実発生主義などと言う。

介護保険料を納めなかった場合
1年以上納めていないとき
自己負担分だけでなく、サービスの費用全額をいったん利用者が負担する。
後日、申請により保険給付分が支払われます。

1年6ヶ月以上納めていないとき
保険給付の一部・全部が支払いが停止する。

2年以上納めていないとき
保険料は2年以上納めていないと時効となる
サービス利用時に時効となった未納保険料がある場合は、一定期間、本来は1割(または2割)である利用者負担が3割となる

z1_2_3_09

第一号被保険者の要介護度別認定者数の推移(出典 厚生労働省ホームページ)