81d7808be90866c142dac4ccb47b3b93_s

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害を持った方に対して自立支援や障害予防を目的とした住環境に関するアドバイスを行う資格である。

福祉住環境コーディネーター協会が認定する資格となる。

医療・福祉・建築について幅広い知識を見つけることや専門職と連携する技能が求められる資格である。

3級・2級・1級があり、3級.2級は比較的取得はしやすいが、1級になると難易度が上がる。

地域包括ケアシステムが推進される現代においては、在宅にて生活する高齢者が急増していく。

高齢者が高いQOLを維持したまま、在宅生活を継続するためには心身機能の維持・向上と生活環境の工夫も重要である。

7bc1019100e16a46760d1c3ab4c13172_s

特に、介護保険領域では、ケアマネージャやーとともにセラピストも生活環境を考える機会が多くなっており、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士にも住環境の評価が必須の能力になってきている。

最近では、シニア向けマンションやサービス付き高齢者向け住宅に務めるセラピストも増えており、住宅そのものに対するセラピストの知識が求められてる機会が増えている。

地域包括ケアシステムの中心は、「住まい」である。

しかし、その「住まい」の評価が不十分なまま、高齢者が「住まい」で生活を継続しているケースが多い。

福祉住環境コーディネーターは、「住まい」の評価を補完する知識が得られる資格の一つである。

詳細は福祉住環境コーディネーター検定試験のホームページをご確認いただきたい。