339748

解決力を持つエキスパートになることは、計り知れないアドバンテージをPT・OT・STに与えてくれる

これからの時代において、長期間に渡り、PT・OT・STが活躍していくためには、「特定の分野のエキスパート」になることが重要である。

医療・介護・リハビリテーションを取り巻く環境変化が激しい時代においては、「個別リハビリテーションが出来る」・「一日18単位取得できる」・「訪問リハビリテーションができる」などの作業レベルの価値提供では、まったく、話にならない。

社内で大きな課題が生まれた時、地域で新しい挑戦を始める時、質の高いサービスを開発したい時に、経営者や上司が真っ先に頼ってくる人材になっておくことが、PT・OT・STの明るい未来に繋がる。

全てのPT・OT・STが、「特定の分野のエキスパートになる」ことを意識していない。
むしろ、そのような意識を持っている人は少数派である。

よって「特定の分野のエキスパートになる」こと達成することができれば、大勢のセラピストより、圧倒的に目立つことができる。

特定の分野のエキスパートになるということは、マニアックな知識を詰め込むということではない。

何かを解決することができる具体的な方策を有していると言うことである。

解決力という目立つパワーを有するエキスパートには、常に付加価値が高い仕事が訪れる。

当然、付加価値の高い仕事に対応することができれば、経済的なメリットを得られる可能性も高い。

また、付加価値の高い仕事をしていたという履歴は、エンプロイアビリティを著しく高めることになる。

解決力を持つエキスパートになることは、計り知れないアドバンテージをPT・OT・STに与えてくれる。