76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s

訪問看護の利便性が向上する同一日2か所目の訪問看護ステーションの評価

2016年度診療報酬改定では訪問看護ステーションの利便性や機能が向上する改定項目が多い。その一つが、「同一日2か所目の訪問看護ステーションによる緊急訪問の評価」である。
今までは、医療保険による訪問看護では、訪問看護基本療養費は患者一人にあたり、一日1回しか算定できないルールとなっていた。

そのため、緊急訪問で、2回目の訪問看護を行った場合に、同日に他の訪問看護を利用すると、訪問看護基本療養費及び時間外加算も算定できない状況となっていた。
リハビリテーションサービスと中心とした訪問看護や、医療保険に対応していない訪問看護ステーションでは、医療必要度の高い状況になると単独では対応できない場合があり、2ヶ所目の別の訪問看護ステーションが対応する必要がある。

今回の「同一日2か所目の訪問看護ステーションによる緊急訪問の評価」は、訪問看護ステーション間の連携をより高めるものであり、患者の在宅生活の限界点を引き上げるものである。

訪問看護ステーション2016年1月27日 中央社会保険医療協議会資料