ea87bcb082925d58877bbbe0e3e85c20_s

2018年度診療報酬・介護報酬改定のトレンドを捉えてPT・OT・STの働き方を変えよう

2018年度診療報酬・介護報酬改定が近づいている。

入院医療と在宅医療におけるリハビリテーションの連携
介護保険リハビリテーションにおける通所リハビリと通所介護の役割分担
急性期病棟におけるチーム医療
在宅療養患者の活動・参加
中重度者へのアプローチ
リハビリテーション領域の拡大
などの改定が行われる予定である。

1965年にPT・OTに関する法律ができ、50年以上の歳月が流れた。

一つの仕事が100年間存在することは歴史的に難しく、PTとOTも歴史の転換点に差し掛かっていると言える。

また、STも1997年に法律ができ、20年が経過した。

STの認知度が上がるにつれて社会的責任が増しており、STの存在価値も今後より問われる時代になっている。

change

診療報酬・介護報酬改定は、端的に言うと「保険点数の取得作業」を示しているが、その中身は「セラピストの働き方改革」である。

「このような技術を提供すれば、これぐらいのお金を支払いますよ」という技術に対する対価を示しているのが診療報酬・介護報酬改定である。

セラピストの技術は、近年、非常に幅が広くなっている。

学術的研究が進んでいること、リハビリテーションの対象が増えていること、地域包括ケアシステムにおいて求められる内容が増えていることなどにより、リハビリテーションの可能性は際限なく広がっている。

選択肢は多ければ多いほど、明確な意思決定をしなければ、行動の選択は難しい。

今の時代に働くセラピストは、自分がどの領域、マーケットで働くかを明確に意思決定を行う能力が求められていると言える。

2018年度診療報酬・介護報酬改定を十分に見据えて、働き方の改革を進めていくことをお勧めする。