29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

3年前の自分は今の自分をどう評価するか?

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の資格取得が目標であった学生時代は、資格取得のために一生懸命勉強し、日々が充実していた。

しかし、資格を取って働きだすと仕事ができる喜びに溢れていたが、徐々に仕事がマンネリ化し、仕事内容にワクワクしなくなる・・・

こんな気持ちになっているセラピストは多いのではないだろうか?

資格を取得してしまえば、もう目標は達成されている。

そのため、働いてから目標を失っているセラピストは多い。

今の働き方や仕事内容に不満や不安をなんとなく感じている人は、次のように自分に問いかけてほしい。

change「三年前の自分は今の自分をどう評価するか?」

この答えに対して、肯定的な回答が導き出せない人は今すぐ、自分の働き方や仕事内容の変更を考えたほうが良い。

過去の自分が今の自分を認めないのは、主体的にキャリア・デザインを行っていない証拠である。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の働き方は大きく変わっている。

医療から介護への流れ

自助・互助サービスの拡大

質の高い教育やマネジメント

などの時代の大きな変化はセラピストにとってこの上ないチャンスである。

この大きなチャンスを傍観者として過ごすか否かはすべてはキャリア・デザインの実践のかかっている。

過去の自分と会話し、今の自分を突き動かす。

あなたの過去の自分は今の自分を認めてくれますか?