PT大沼俊博の臨床家ノート 動作分析に基づく機能障害へのアプローチ例

脳血管障害片麻痺の方において、端座位保持能力を有し、立ち上がり動作の実用性にも大きな問題がない状況であるものの、歩行に実用性低下を認めておられる場合があります。

端座位において、体重移動や姿勢変化を伴う活動が可能であるならば、単純に麻痺側下肢の支持に関与する機能に障害を認めているのではないかと仮説が立ちます。

姿勢・動作観察に基づく検査・測定の実施により、麻痺側足部や足関節に関節可動域制限や筋緊張異常、感覚障害といった機能障害を認めたならば、それらが下肢の支持能力の低下につながっていることが明らかとなるでしょう。

そして足部や足関節の機能障害が、膝関節、股関節や体幹の肢位に影響を与えているならば、やはり機能障害の上位を改善することが、影響を受けている肢位の改善、これと共に歩行動作の改善につながると考えられます。

このような場合には、まずは足部や足関節機能の改善のためのアプローチが第一になることでしょう。

d34722d8991798873c3a6755ac179208_s

脳血管障害片麻痺の方だから、体幹や股関節機能に低下があるだろうと考え、まずはそこからアプローチをしていくといった思考で治療を展開しますと、1単位などの短時間では運動療法がなかなか成立しなくなってしまうことが想像できます。

ピンポイントでの治療が能力低下を認める動作の実用性向上につながるならば、大変効率的な治療になることでしょう。

また、今回お示しをしている例を少し掘り下げてみますと、ピンポイントでの足部、足関節への治療にて、歩行の実用性に変化を認めるものの、他の部位の問題が改善しきれない場合も多々あります。

このような場合は、次の一手として問題が残存する部位へのアプローチをおこなうように努めています。

さらに、患者様には必要な自主トレーニングのメニューを適切にお伝えし、そして継続していければ、より良いアプローチになると考えられます。

動作分析とそれに伴う明確なアプローチの実践は、1単位の短い時間内でも、動作に変化をもたらすことが充分にできることでしょう。

運動学、解剖学的な観点から、養成校の学生の方々や新人セラピストの方々でも頷けて実践ができる明確な評価と運動療法を今後もおこなっていきたいと思っております。

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
32706684_246788225868896_2239270414830272512_n
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部

 

セラピストが起業をしない理由

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の起業率は非常に低い。

日本人の起業率は4%から6%と言われている。

これはヨーロッパやアメリカが10%前後であることを考えると日本の起業率は非常に低い。

そして、ある報告によると日本の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の起業率は0.1%である。

日本ではセラピストの起業は全く一般的なものでないと言える。

なぜ、セラピストの起業が少ないのか?

これに関しては次のような理由が考えられる。

理由①
セラピストはそもそもの起業に関連する職業的自己概念を持ち合わせていない。つまり、起業に関する価値観が薄いため、起業志望者そのものが少ない。

理由②
セラピストへの起業支援の環境が整っておらず、起業への心理的ハードルが高いため、起業に対するインセンティブが少ない。職能団体や養成校でも起業に関する講座は圧倒的に少ない。そのため、希望志望者であってもどのように起業をして良いのかわからず、起業を諦めてしまう。

change

地域包括ケアシステムでは、自助と互助の促進が行われているが、これらの分野の活性化にはセラピストの起業が必須である。

リハビリテーション関連分野でセラピストが起業しなければ、自助と互助の分野が他企業や他職種に奪われてしまうだろう。

したがって、早急にセラピストの起業を促進する必要がある。

 

PT大沼俊博の臨床家ノート 腰部の腸肋筋を感じる

今回は腰部の腸肋筋についてのお話です。

腰部の腸肋筋は骨盤と胸郭の間を走行している部位が触診しやすいかと思います。

まず側腹部を触診してみてください。

柔らかく感じる部位は腹横筋や内腹斜筋、外腹斜筋が重層している部位になります。

圧を加えて押しながら触るとブヨブヨした感触です。

そこから触診の位置を少しずつ後面にスライドさせていきますと、ブヨブヨした感触であったものが突如ガツっと硬く感じる筋に出会います。

a60cfc63fd256acdd2a1986105c093ac_s

この硬く感じる部位が腰部の腸肋筋です。

両側の腸肋筋が収縮すると骨盤と胸郭の間を近づけ、体幹の伸展に関与します。

立位にて胸郭を一側に下制させますと体幹は側屈します。

この際、側屈してる側とは反対側の腸肋筋が制御に関与します。

これにより体幹側屈作用を有することがわかります。

また腸肋筋には体幹同側回旋作用があります。

骨盤と胸郭の間を逆『ハ』の字の方向で走行しています。

右の腸肋筋にて考えますと、胸郭に位置する腸肋筋の線維は、骨盤に近い腸肋筋の線維よりもやや右の外側に位置することになります。

そこで骨盤に対して胸郭を近づけるように収縮しますと体幹は右回旋方向への運動が生じることになります。

今回は腸肋筋を感じることのできる触診部位と運動学についてご紹介をさせて頂きました。

引き続き臨床家ノートにて腸肋筋についても運動学的、解剖学的観点から臨床に役立つお話をさせて頂きたいと思っております。

ご参考になさってください。

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
32706684_246788225868896_2239270414830272512_n
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部

マネジメントができるセラピストが注目されるワケ

これまでのセラピストの評価軸は
理学療法・作業療法・言語聴覚療法に長けているか?
専門領域を持っているか?
学会発表や論文発表をしているか?
などであった。

しかし、セラピストを取り巻く環境変化によりこれらの評価軸に「マネジメントができるか?」が加わりつつある。

マネジメントとは、「組織目標を達成するために与えられた人、物、金、時間、情報技術といった経営資源をいかに効率的に活用していくかを考えていくこと」である。

今の時代には、セラピストにはこのマネジメント能力が不可欠となりつつある。

リハビリテーションのアウトカム志向
診療報酬・介護報酬の抑制
地域包括ケアシステムの推進
予防・回復・看取りというリハビリテーションの拡大
セラピストの過剰供給による市場競争激化
など、セラピストを取り巻く環境は激変している。

もし、組織や個人のキャリアを戦略的にマネジメントしなければ、環境変化に巻き込まれ、望んでいない未来を迎えることになる可能性が高い。

しかし、残念ながらマネジメントは誰も教えてくれない。」

セラピストの養成校教育や卒後教育でマネジメントに関する授業は一つもないのが現状である。

したがって、マネジメントを学ぶのは自助努力ほかならない。

マネジメントの書籍を読み漁る
中小企業診断士や経営管理学修士を獲得する
マネジメントに関する通信教育を受ける
などの方法があるが、最も効果的な学びは「実践の中でマネジメントを行うこと」である。

141115survive-thumb-639x360-81287

チームでリハビリテーションを行う
新人を教育する
収益を改善させる
新規契約を増やす
などはすべてマネジメントで解決するものである。

もし、あなたがマネジメントができる人になれば、社会も組織もあなたに一目置くのは間違いない。

リハビリテーション×マネジメントという掛け算に挑戦してみてはいかがだろうか。

 

 

PT大沼俊博の臨床家ノート 直立位での内腹斜筋、外腹斜筋の活動について

以前のお話のなかで、立位では両側の腸骨稜を結ぶ線より下部の内腹斜筋横線維の活動が、両側の仙腸関節に生じる剪断力を防ぐ作用への制御、また立位にて腹腔内臓器が重力の影響を受けて下がろうとする働きの制御の双方に関与することへの可能性をお伝えさせて頂きました。

今回は直立位における両側の腸骨稜を結ぶ線より上部の領域の内腹斜筋、外腹斜筋について考えていきたいと思います。

直立位では、脊柱の生理的弯曲を保つための脊柱起立筋の活動により、体幹の肢位保持が可能になると考えられます。

腹筋の活動は直立位において必要なのですが、両側の腸骨稜を結ぶ線より上部の内腹斜筋、外腹斜筋はそれほど頑張りません。

直立位保持のために一定の筋緊張を保つ程度でよいことが、わたしたちの直立位時の内腹斜筋、外腹斜筋の筋活動に関する検討からわかりました。

直立位では主として脊柱起立筋の活動により、生理的な脊柱の弯曲を伴う体幹の姿勢保持が可能になると考えられます。

この際に、腹直筋や内腹斜筋、外腹斜筋の筋緊張が低い場合には、腰椎の前弯が強まってしまい、胸郭と骨盤の間が離れてしまう。大げさに例えますと破けたちょうちんが開いてしまうような感じになることが考えられます。

または腹部の筋が従重力位で短縮位となることで腰椎や胸腰椎移行部にて屈曲が生じ、胸郭と骨盤の間が前面で近づくことが考えられます。

680913

現在の見解として、直立位では両側の腸骨稜を結ぶ線より上部の内腹斜筋、外腹斜筋は一定の筋緊張を保つ程度のわずかな活動でよいと考えています。

臨床での評価を考えますと、体幹では脊柱の生理的弯曲が保たれていることにより、腹部は見た目にも張りがみられます。

このときに胸郭と骨盤の間が離れすぎていないか、または胸郭と骨盤の間が近づきすぎていないかの確認をし、内腹斜筋、外腹斜筋の筋緊張を視診、触診にて評価しています。

まとめますと、直立位においては両側の腸骨稜を結ぶ線より上部の内腹斜筋・外腹斜筋は、胸腰椎の生理的弯曲が保たれることに伴い、一定の筋緊張を維持できていることが大切であり、その筋の領域の張りを見た目や触診にて確認し、評価をおこなう必要があると考えています。

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
32706684_246788225868896_2239270414830272512_n
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部

PT大沼俊博の臨床家ノート 姿勢・動作分析から行う感覚検査のひと工夫

我々が臨床にて感覚検査を実施するまでの流れとして、姿勢・動作分析を行い、そのうえで抽出した感覚障害の仮説に対して検査を実施するプロセスがあります。

今回も脳血管障害片麻痺患者さんの特徴的な姿勢・動作観察から考えられる感覚障害に対する検査の抽出例をお示しさせて頂きます。

脳血管障害片麻痺患者さんの端座位において、非麻痺側の殿部に多く支持をすることで、非麻痺側に身体が傾斜している場合、麻痺側殿部の表在感覚障害が一要因として疑われます。

この際の立ち上がりでは座位姿勢を考慮しますと、非麻痺側下肢支持優位での立ち上がりにつながることが考えられます。

このとき、『座面に麻痺側の殿部が触れていることがわかりにくい?殿部で荷重していることがわからない?』と仮説を立てることがてきます。

セラピストは必要と感じるならば殿部の表在感覚検査を実施しても良いと考えられます。

患者さんに個室にてズボン、下着をおろして頂き、殿部の素肌に対して触覚検査を実施することができればよいですが、なかなかうまくお願いできない場合があるかと思います。

この際にはスクリーニングとして、背臥位にて両膝を立てた肢位をとり、ズボンや下着の上から患者さんの殿部に対し、セラピストの母指にて坐骨に触れる直前まで母指を押し込み、圧覚検査を実施することができます。

このスクリーニングによる検査において、再評価時にも同様の条件となるように留意し、再現性のある検査の実践ができればよいでしょう。

姿勢・動作分析に基づく感覚検査では、姿勢保持や目的とする動作を困難にしている意味を理解し、運動療法につなげるために検査を実施していきます。

柔軟な発想をもって日々の臨床を進めていければと考えています。

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
32706684_246788225868896_2239270414830272512_n
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部

2021年介護報酬改定への対応はもう始まっている

2018年介護報酬改定はグレーゾーンだった領域をつまびらかにした。

通所リハビリと訪問リハビリの自立支援やチームマネジメントの強化
訪問看護の重度化シフト
通所介護の軽度者と重度者へのマルチサービス
老人保健施設の在宅支援
介護医療院の終の棲家と看取り機能
など、機能を明確にし2025年への方向性を示した。

今回の改定はそれぞれの事業の根本的な理念を明示しているため、従来の減収分を加算で補う、コスト削減で経営を保つなどの小手先のテクニックでは対応が難しい状況を作り上げた。

経営を安定的に保つためには現状維持ではだめだ。

国が何を求めているか?を確実に分析し3年後の次期改定を予測して事業の挑むべきである。

それほど、今回の改定は強烈である。

サービス内容の大幅な変更
サービス提供時間の見直し
在宅復帰支援の一層の強化
地域連携への参入
などの具体的な行動が必要であり、もしこれらを行わなかった場合、2021年度介護報酬改定への対応は困難となるだろう。

改革を起こすためには、人材育成が急務である。

事業方針の変更はイコール必要とされる人材の育成である。

一般的にサービスや製品には寿命がある。

それを製品ライフサイクルと言う(下図)。

1076812製品ライフサイクルは導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つの段階を経る。

まさに今までの介護サービスは製品ライフサイクルで言う「成熟期」を迎えたと言える。

しがって、新しいサービスを生み出さなければこのまま衰退期を迎え、市場からの徹底が余儀なくされる。

あなたの組織は改革を起こせるか?

もう、2021年度介護報酬改定への対策は始まっている。

 

パワースポットに行かないと上がらないモチベーションなど偽物である

パワースポットに行ってエネルギーをチャージしてきます

パワースポットに行けばモチベーションが上がります

モチベーションを上げるために、〇〇へ旅行し、有名なパワースポットに行ってきます

などの会話は良く聞かれる。

しかし、パワースポットに行けば仕事へのモチベーションが上がるなどそんな都合の良いことがあるのだろうか?

100歩譲って、モチベーションが上がったとしてもそのモチベーションは続くものだろうか?

そもそも、モチベーションを対外的なイベントや観光スポットに委ねていること自体がおかしい。

人間のモチベーションで最も強力で持続的なものは、内発的動機付けである。

内発的動機づけとは
物事に興味や関心を持つことで意欲が沸き起こり、達成感や満足感、充実感を得たいという、人の内面的な要因によって動機付けられるものである。

したがって、仕事へのモチベーションは仕事への興味や関心から沸き起こるものであり、決して、パワースポットとなるもので起こるものではない。

そもそも、パワースポットと言う用語自体に何の根拠もなく、旅行業界のマーケティング用語である。

ce9bd041ac1c187d4a294e624868d4e8_s

仕事に対するモチベーションが低下しているということは、仕事への興味や関心が薄れている証拠である。

パワースポットに行かないと上がらないモチベーションなど偽物である。

仕事がパワースポットでなければ、仕事のモチベーションは上がらない。

パワースポットに行けばモチベーションが上がるという幻想を捨てて、今すぐに仕事の在り方を見直す方が重要である。

あなたの仕事や職場はパワースポットになっていますか?

PT大沼俊博の臨床家ノート 姿勢・動作分析(その2)

脊椎の疾患や加齢によって胸腰椎の伸展に関与する多裂筋や最長筋に筋緊張低下を認める場合、胸腰椎移行部や腰椎が屈曲位になる場合があります。

このような肢位が長期にわたると胸郭と骨盤の間を前面に走行する腹直筋上部や外腹斜筋斜行線維は短縮位となり、おのずと筋緊張低下や筋短縮を認めることでしょう。

今回は体幹が屈曲位を呈する際の立位姿勢について考えてみたいと思います。

体幹が屈曲位であると胸郭や頭部が前方に倒れようとします。

これに対して膝関節屈曲と共に足関節を背屈することにより、膝関節から上部は後方に傾斜することで、体幹が前方に倒れようとする働きを防ぐことが考えられます。

こういったストーリーを考えた場合、胸腰椎の伸展筋である多裂筋や最長筋の活動を促すことで、膝関節の屈曲やこれに伴う足関節の背屈が減少し、直立位保持が可能になります。

一生懸命姿勢を改善しようとして膝関節や足関節にアプローチをおこなっても問題解決にはならないケースです。

診断名からも体幹に問題があることが明確であり、立位姿勢に影響を与えている場合、シンプルに体幹へのアプローチをおこなうことで姿勢の改善につながるといった単純なお話をさせて頂きました。

明日からの臨床の考え方のご参考にして頂ければ幸いです。

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
oonuma
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部

セミナー講師兼事務局スタッフの募集 株式会社Work Shift

株式会社Work Shift(大阪府高槻市)では、セミナー事業におけるセミナー講師兼事務局スタッフを募集しています。

セミナー事業の質の向上及び拡大のためセミナー講師兼事務局スタッフを募集いたします。

セミナー講師としてご自身の力を試してみたい方、様々なセミナーの運営に携わることで知識や人脈の向上を図りたい方の応募をお待ちしております。

募集要項は以下の通りです。

ご興味ある方のご連絡をお待ちしております。

【仕事内容】
リハビリテーション関連セミナーの講師
及び
セミナー事務局の兼務の仕事となります

【募集数】
若干名
採用者決まり次第募集を中止します

【雇用形態】
非常勤

【勤務地】
大阪府、京都府、兵庫県等の近畿圏内

【給与】
固定給と歩合給となります
詳細はご面談時にお話をいたします

【資格】
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
その他、リハビリテーション関連認定資格や修士号・博士号をお持ちの方等

【勤務回数】
セミナー講師及びセミナー運営は月数回を予定
事務局の仕事は一部在宅勤務で可能(パソコン入力等)

【問い合わせ先】
メールにて問い合わせください。
be.workshift@gmail.com  ( 株式会社Work Shift代表取締役 高木綾一 宛)