PT山口剛司の臨床家ノート 足部のみかたシリーズ その2

足部の評価をする際は、接地した状態と接地していない状態での評価を行います。

他の関節も同様なことがいえますが、とりわけこの足については、地面から最も近い部位だけに、荷重により大きな負荷がかかります。

そしてこの負荷は、足の形を変える要因となります。

足の形が変わるということは、必ずしも異常ではなく、必要に応じて形を変えられることが正常なのです。

異常性は、荷重により形が変わりすぎる場合、とほとんど変わらない場合で判断します。いずれも定量化できる指標はあるようで、実はありません。

しかしながらこれは、身体動作と足の形の関連性で判断することができます。

3f9c742dc103e529a6b592dd05a52e8f_s

例えば、扁平足が悪いと思われがちですが、そんなことはありません

扁平足は荷重により、各アーチが降下する足の状態をいいますが、姿勢全体が安定しており動作が円滑に遂行されている場合は、多々あります。

この場合は、アーチが降下していることは機能的な変形をしていると捉えて良いでしょう。

ただし、扁平足は柔らかい足という特性があるため、過渡に回内や回外運動をして形を大きく変化させる可能性があります。

この場合は、異常性があると捉えます。

逆に凹足が悪いとされることも多々あります。

凹足は、形が変わりにくい性質があるので、地面に対して足の形を変えて柔軟に対応できないということがあります。

この場合は、一見足の形は、綺麗に見えますが、姿勢を良い状態に保てずに、足の形を変えられないということで異常性ありと判断します。

このように足はただアーチがあれば良いという短絡的な考えに陥ってしまうと、なんでもインソールやテーピングを貼って、足を無理やり操作することによる障害を招く危険性があります。

執筆者
山口剛司 PT, mysole®Grand Meister
98350

理学療法士
運動器疾患、スポーツ選手の臨床が豊富で、現在はインソール作成会社に勤務している。

足部・足関節の関節可動域、筋力、アライメントなどの関節機能や歩行などの動作分析を行い、個人に適したインソールを作成するという足部・足関節のスペシャリストである。

リハビリテーションの現実的な問題を解決してくれないセミナーには行くな!

世の中には様々なセミナーがあります。

でも、中身は玉石混合です。

では、どんなセミナーに参加すればよいのでしょうか?

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士にとって、参加するべきセミナーは何か?

そのことについて解説をしています。

 

投稿者
高木綾一
株式会社WorkShift 代表取締役
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術)
関西医療大学保健医療学部 助教
関西学院大学大学院 経営戦略研究科

社外で通用するスキルを磨け!

社内で通用するスキルの獲得だけでは、この職の流動性の高い社会では厳しい現実に直面する。

社外で通用するスキルの獲得が、キャリアにおける大きな課題である。

投稿者
高木綾一
株式会社WorkShift 代表取締役
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術)
関西医療大学保健医療学部 助教
関西学院大学大学院 経営戦略研究科

PT大沼俊博の臨床家ノート 多裂筋の触診の仕方

腰部の多裂筋の収縮を促す際のポイントのご紹介です

①端座位にて股関節屈曲に伴ってある程度骨盤を起こしてもらいます

②そこから、 『おへそを前に突き出して下さい!』 とお願いする

③腰椎前弯を伴った腰部の多裂筋の収縮を促す事ができる

④電気のコードのような硬さの収縮を触診からはっきりと確認できる

 

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
32706684_246788225868896_2239270414830272512_n
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が退職を決める判断軸は何か??

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の退職はどのような判断基準に基づけばよいか?

悩んだことありせんか?

退職は大変重い判断です。

重い判断のため、なかなか退職を決断できず、ずるずる仕事をしているセラピストが多い。

今回は退職の判断軸について解説しています。

 

投稿者
高木綾一
株式会社WorkShift 代表取締役
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術)
関西医療大学保健医療学部 助教
関西学院大学大学院 経営戦略研究科

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のキャリアデザイン 過去の自分を省みよう

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のキャリアデザインでは、未来のことを考えるではなく、過去のことを省みることが重要だ。

未来を描くためには、過去の自分の価値観を知る必要がある。

過去を振り返ることで自分の強みに気づけるからだ。

投稿者
高木綾一
株式会社WorkShift 代表取締役
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術)
関西医療大学保健医療学部 助教
関西学院大学大学院 経営戦略研究科

訪問リハビリ・通所リハビリの事業化をするにあたって大切なこと

訪問リハビリ・通所リハビリを立ち上げるだけでよいのでしょうか?

立ち上げるだけと言う意識では、事業が失敗する、焦げ付く可能性は極めて高いです。

なぜでしょうか?そのことについて解説しています

 

解説者
高木綾一

株式会社WorkShift 代表取締役
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術)
関西医療大学保健医療学部 助教
関西学院大学大学院 経営戦略研究科

2020年度診療報酬改定 リハビリテーション関連はどうなるか? 外来・急性期編

2018年度診療報酬改定が終了し、既に2020年診療報酬改定の議論が進んでいる。

今回は外来・急性期におけるそれぞれの議論の注目ポイントについて解説する。

外来
2018年度末に要介護認定者の算定期限超え患者は医療保険を用いたリハビリテーションは廃止される予定であるが、その制度の詳細は未だに出ていない。

2018年度末までに、レセプト請求で要介護認定を受けている患者への具体的な対応が示されるものと思われる。

したがって、医療機関における要介護認定の有無の確認はより厳格化されると考えられ、対応を怠れば、診療報酬上のペナルティが与えられるも考えられる。

また、維持期リハビリ終了の対応として外来医療機関の介護保険リハビリテーションの取り組みが急がれる。

特に、多くの要介護認定者を抱える整形外科クリニックにとっては介護保険リハビリテーションの事業化は喫緊の課題である。

急性期
高度急性期の重症度、在院日数の短縮がより推進されると考えられる。

リハビリテーション医療を受けている利用者の在院日数の短縮も迫れる状況である。

したがって、今後、高度急性期はより地域の医療機関や介護保険事業所との連携強化が必須となるだろう。

回復期リハビリ病棟はFIM利得アウトカム評価やレセプト査定の関係で以前のようにどんな患者でも受け入れることが難しくなっている。

そのため、急性期から直接在宅へ復帰しなければならない症例も今後増えると考えられる。

よって、在宅復帰を支援するリハビリテーション部門は地域の介護保険事業所との退院前調整の能力が問われるケースが増えるだろう。

執筆者
高木綾一

株式会社WorkShift 代表取締役
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術)
関西医療大学保健医療学部 助教
関西学院大学大学院 経営戦略研究科

 

PT山口剛司の臨床家ノート 足部のみかたシリーズ その1

セラピストにとって、患者の『足』を触る機会は、少なからず一日に一回以上は、あるのではないでしょうか?

セラピストが足を触る理由は、その目的によって様々ですが、ただ硬いからとか、何となくと思って触るよりも、『触ることでどうなるか』、を化説レベルで良いので、自分の頭の中で、明確にしておくことが重要です。

これは、足に関わらず、他の身体部位でも、何関節・何筋を触る時でも同じことが言えますし、おそらく熟練のセラピストほど、明確に目的を持って接触していると思います。

では、この『足』を触る意味を考えてみましょう。

私が足を触る理由は、①足に疾患を持つ場合、②足で身体運動をコントロールする場合、という二つに大別されます。その他にも色んな考え方がある中で、例えば反射区を用いて内蔵系の調整をしたり、全身の骨格調整をしたりすることもあるかもしれません。

私は、臨床において後者②の足の疾患以外の方を、足を用いて身体運動をコントロールして、身体のある部分に過負荷がかかるのを分散する考え方を大事にしてきました。

これは、『治療』という概念のみでなく、そこから更なるパフォーマンスの向上にもつながる可能性があるからです。

なぜ足でコントロールができるのかと申し上げますと、唯一地面に接しているのは、足のみで、この使い方により、動きが連鎖的に全身にまで作用するという法則があるからです。

844e1e_d74fe02991434187ac526162b4c949fd

これを『運動連鎖』とよびますが、中でも足から全身に作用する連鎖を上向性運動連鎖と呼びます。この連鎖の法則は、古くからテキストに記載されており、この法則を見抜いた先人の学者には、ただただ尊敬する次第であります。

臨床において、足はどうしても見逃しやすい部位といっても過言ではありません。

しかしながらまずは、足からの身体運動の調整という観点を、是非取り入れてみてください。

今後は、この足の診かたを少しずつご紹介していきたいと思います。

執筆者
山口剛司 PT, mysole®Grand Meister
98350

理学療法士
運動器疾患、スポーツ選手の臨床が豊富で、現在はインソール作成会社に勤務している。

足部・足関節の関節可動域、筋力、アライメントなどの関節機能や歩行などの動作分析を行い、個人に適したインソールを作成するという足部・足関節のスペシャリストである。

 

既定路線の先には輝かしい未来は築けないセラピスト業界

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の業界は大きなパラダイムシフトを迎えている。

医療から介護への流れ
そして、自費リハビリテーションや自費ヘルスケアという新しい分野の誕生
また、近い将来、発展するAI、ロボット、ITを用いたリハビリテーション関連サービス

これらの時代の変化は、セラピストの働き方へ大きな変革を与える。

しかし、残念ながらセラピストの働き方に対する教育は不十分ではない。

養成校では従前どおりの医療モデルを中心とした教育が行われ、医療機関では一日18単位を算定することに重きが置かれている。

また、職場で新しい取り組みをしている人は「変わっている人」と思われる風潮がある。

change

セラピストの働き方が変わる風土の醸成には程遠いと言ってよい。

しかし、残念ながら今のまま何もせず働いていると、大きな時代の変化が生じたときに自分の知識や技術がその時代には使えないものとなり、自身の仕事人生が暗転する可能性が高くなる。

既定路線の上を歩けば歩くほど、綱渡りとなるのが今の日本の社会情勢である。

今のセラピストに最も必要なのは危機感である。

危機感はあらゆる行動の源泉になる。

危機感への感度が低いことはこれからの時代は致命傷になる。

あなたの危機感はどれほどであるか?

今、改めて考えてみてほしい。

執筆者
高木綾一
セミナー講師
株式会社WorkShift 代表取締役
国家資格キャリアコンサルタント
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術)
関西医療大学保健医療学部 助教
関西学院大学大学院 経営戦略研究科