0190

PT・OT・STが知っておきたい居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成の手順と書類

医療・介護の在宅シフトが進む中、利用者の生活支援を担う理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の役割は重要である。

要介護者の生活期では、介護支援専門員が作成する「居宅サービス計画書」に則り、各専門職が医療・介護サービスを提供することになる。

したがって、「居宅サービス計画書」がどのような手順で作成されているかについて知ることは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士にとって重要である。

1.居宅サービス計画書の意義

1)利用者の生活ニーズが居宅サービス計画書の基礎となる。これを「ニーズ優先アプローチ」もしくは、「サービス利用者主導アプローチ」と言う。

2)フォーマルサービスやインフォーマルサポートを提供するサービス事業者や人が統合的に計画されるべきである。

3)利用者本人・フォーマルサービス提供者・インフォーマルサービス提供者の役割と責任を明確にする。

4)利用者本人や支援チームを評価するものとして機能させる。

居宅サービス計画書の作成において最も重要なことは「利用者本人の主体的参加」を具現化である。

本人の参加意識をどこまで高めることができるか、否かに計画書の成否はかかっていると言っても過言ではない。

2.居宅サービス計画書に必要な書類
居宅サービス計画書の標準様式は以下の6つとなる。

1)居宅サービス計画書 第1表:支援目標・計画の大きな方向性を設定する。
1

2)居宅サービス計画書 第2表:具体的な居宅サービス計画の作成
2


3)週間サービス計画表 第3表:1週間の時間帯ごとのサービスを示す
3

4)サービス担当者会議の要点 第4表:サービス担当者会議の検討項目や家族の意向の記入
4

5)居宅介護支援経過 第5表:モニタリングを通じて把握した事項の記入
5


6)サービス利用票 第6表:居宅サービス計画書の内容をもとに、月単位のスケジュールを記入する。
6