4141c6d4302268b0b1b7f28d6b729621_s

PT・OT・STが知っておきたい要介護認定二次判定

二次判定の流れ

介護認定審査会では、一次判定の結果について、不整合がないかなどを確認し、必要に応じて再調査や一部修正を行う。

第二号被保険者については、特定疾病に該当しているかを確認する。

次に、確定した一次判定の結果を参考に、認定調査票の特記事項や主治医意見書の内容を加味して、介護の手間にかかる審査・判定を行う。

「介護の手間に係る審査」の終了後、これを「要介護1」と「要支援2」の2つに区分する審査を行う。これを「状態の維持・改善可能性に係る審査」と言う。

なお、介護認定審査会では、必要に応じて被保険者・家族・主治医・認定調査員などの関係者の意見を求めることもある

介護認定審査会は、審査・判定結果を市町村に通知し、その結果を受けて市町村が要介護の認定を行う。

0190

介護認定審査会とは何か?

介護認定審査会は、市町村の附属機関として設置され、要介護者等の保健、医療、福祉に関する学識経験者によって構成される合議体である。

複数の市町村が共同で設置することも可能である。

委員は市町村長が任命する非常勤の特別職の地方公務員であり、任期は2年で、再任も可能であり、委員には守秘義務が課せられる。

介護認定審査会委員の構成や議決方法を以下に示す。

(1)委員の互選により長をおく。
(2)委員の定数は5人を標準として、市町村が条令で定める数とする。
(3)委員の過半数が出席しなければ、審議の開催や議決はできない。
(4)議事は出席した委員の過半数をもって決し、可否同数の場合は長が決する。