15369997_1609701779338766_1148457286152614424_o(2)

PT大沼俊博の臨床家ノート セラピストの手

我々が人の身体に触れる機会は多岐にわたります。

物に触れようとするとき、我々の手は自ずとその物の形になり、その材質や重さなどに対応できます。

過去の経験にも基づいて、さする、なでる、もむ、つまむ、つっつく、たたくなど、あらゆるスタイルに変化できます。

かわいい赤ん坊のほっぺをなでるとき、我々の手はやわらかく優しい手になります。

相手に気づいて欲しくて、背中をトントンするときは、不快な刺激にならないように気を遣いますよね。

打って変わってボクシングや空手のパンチなどでは硬い手に変わります。

例を挙げるときりがありませんが、意思や用途に応じて我々の手は変化できるのです。

また指先や手のひらでの感じ方を理学療法、作業療法、言語聴覚療法にていかすことで、機械に勝る多様な仕事ができると考えます。

脳血管障害片麻痺患者さんの治療において、皮膚や筋の緊張を評価する場面では、表層の皮膚へは優しく触れることで皮膚の張りを、そして少しスライドさせることで皮膚の柔軟性を感じとれます。

筋肉の緊張はと言いますと、そっと優しく指腹で圧を加えることで繊細に緊張を感じることができるでしょう。

さらに押しこむとセラピストの指先で患者さんの骨の硬さまで感じとれますよね。

f5a2410c93c4ca684ac2e14af5fffe41_s

患者さんをハンドリングするときはどうでしょう。

方向変換を誘導するときや、もっと頑張ってと運動を促すようなときは、それを気づかせるためにセラピストの刺激は強くなります。

動きを止める指示のときは急ブレーキにならないようにそっと指腹で身体を制止するようになります。

足りない運動を補う介助をおこなう場合はタイミングに応じた適刺激にかわるでしょう。

筋収縮を促したいときには、筋肉をたたいて刺激し、「ここを働かすんだよ!」という意思疎通を図ったりもできるのです。

一瞬にして物のやわらかさや硬さの変化を感じることができ、用途に応じて手の形や硬さを変化できる我々の手、臨床にフル活用していきたいですね。

 

執筆者
大沼 俊博  PT, M.S. (Health Sciences)
oonuma

六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部