52d7ff1a77373e3a69d571b616f5a4a6_s

PT大沼俊博の臨床家ノート セラピストの声かけの力

脳血管障害片麻痺患者さんの立位保持練習において、麻痺側の大腿四頭筋の筋緊張低下により、膝関節が屈曲してくるケースがあります。

非麻痺側の上肢にて手すりを把持して頂くなかで、理学療法士や作業療法士が患者さんの膝をサポートしながら立位保持を促すことは、練習のなかのひとつの手段となります。

この時、セラピストが黙々と膝の伸展を助けるようにサポートしますと、患者さんはセラピストの手にどんどん頼ってくる、もたれるように預けてこられることがあります。

私たちは患者さんになんとかご自分で膝関節を伸ばしてキープして頂きたい思いがありますので、最初は膝への介助は多いですが、徐々に離していくように努めることでしょう。

この時に有効になるのが、我々の声かけです。

臨床ではよくコマンドを入れる、口頭指示を行うなどと表現します。

立位保持練習中に、麻痺側の膝関節が徐々に屈曲してくる場合、そろそろ曲がってくるなと感じた時に、

『はい、膝を伸ばして!!』

と声を掛けます。

声かけに対するご理解を頂ける患者さんには即時効果を認め、大腿四頭筋がキュッと収縮します。

また時間が経過して膝が曲がってきましたら、

『はいお膝が曲がってきましたよ、もう一度しっかりと伸ばして!』

と、膝関節が屈曲してきたことへの気づきと共に、患者さんが立位保持においてわかりやすく大腿四頭筋を収縮させるためのきっかけとなるように促します。

リハビリテーションにおける私たちの適切な声かけは、患者さんがもっておられるお力を引き出すためのツールになると考えられます。

適切な声かけは、機械ではなく、運動を促す思いのあるセラピストにしかできない手段です。

明日からの臨床にうまく取り入れていきたいですね。

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
oonuma
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部