374a0830087a7ff58c029f4bf9081d77_s

PT大沼俊博の臨床家ノート 動作分析に基づく機能障害へのアプローチ例

脳血管障害片麻痺の方において、端座位保持能力を有し、立ち上がり動作の実用性にも大きな問題がない状況であるものの、歩行に実用性低下を認めておられる場合があります。

端座位において、体重移動や姿勢変化を伴う活動が可能であるならば、単純に麻痺側下肢の支持に関与する機能に障害を認めているのではないかと仮説が立ちます。

姿勢・動作観察に基づく検査・測定の実施により、麻痺側足部や足関節に関節可動域制限や筋緊張異常、感覚障害といった機能障害を認めたならば、それらが下肢の支持能力の低下につながっていることが明らかとなるでしょう。

そして足部や足関節の機能障害が、膝関節、股関節や体幹の肢位に影響を与えているならば、やはり機能障害の上位を改善することが、影響を受けている肢位の改善、これと共に歩行動作の改善につながると考えられます。

このような場合には、まずは足部や足関節機能の改善のためのアプローチが第一になることでしょう。

d34722d8991798873c3a6755ac179208_s

脳血管障害片麻痺の方だから、体幹や股関節機能に低下があるだろうと考え、まずはそこからアプローチをしていくといった思考で治療を展開しますと、1単位などの短時間では運動療法がなかなか成立しなくなってしまうことが想像できます。

ピンポイントでの治療が能力低下を認める動作の実用性向上につながるならば、大変効率的な治療になることでしょう。

また、今回お示しをしている例を少し掘り下げてみますと、ピンポイントでの足部、足関節への治療にて、歩行の実用性に変化を認めるものの、他の部位の問題が改善しきれない場合も多々あります。

このような場合は、次の一手として問題が残存する部位へのアプローチをおこなうように努めています。

さらに、患者様には必要な自主トレーニングのメニューを適切にお伝えし、そして継続していければ、より良いアプローチになると考えられます。

動作分析とそれに伴う明確なアプローチの実践は、1単位の短い時間内でも、動作に変化をもたらすことが充分にできることでしょう。

運動学、解剖学的な観点から、養成校の学生の方々や新人セラピストの方々でも頷けて実践ができる明確な評価と運動療法を今後もおこなっていきたいと思っております。

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
32706684_246788225868896_2239270414830272512_n
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部