765037

PT大沼俊博の臨床家ノート 姿勢・動作分析(その2)

脊椎の疾患や加齢によって胸腰椎の伸展に関与する多裂筋や最長筋に筋緊張低下を認める場合、胸腰椎移行部や腰椎が屈曲位になる場合があります。

このような肢位が長期にわたると胸郭と骨盤の間を前面に走行する腹直筋上部や外腹斜筋斜行線維は短縮位となり、おのずと筋緊張低下や筋短縮を認めることでしょう。

今回は体幹が屈曲位を呈する際の立位姿勢について考えてみたいと思います。

体幹が屈曲位であると胸郭や頭部が前方に倒れようとします。

これに対して膝関節屈曲と共に足関節を背屈することにより、膝関節から上部は後方に傾斜することで、体幹が前方に倒れようとする働きを防ぐことが考えられます。

こういったストーリーを考えた場合、胸腰椎の伸展筋である多裂筋や最長筋の活動を促すことで、膝関節の屈曲やこれに伴う足関節の背屈が減少し、直立位保持が可能になります。

一生懸命姿勢を改善しようとして膝関節や足関節にアプローチをおこなっても問題解決にはならないケースです。

診断名からも体幹に問題があることが明確であり、立位姿勢に影響を与えている場合、シンプルに体幹へのアプローチをおこなうことで姿勢の改善につながるといった単純なお話をさせて頂きました。

明日からの臨床の考え方のご参考にして頂ければ幸いです。

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
oonuma
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部