oonuma

PT大沼俊博の臨床家ノート 姿勢観察においてストーリーを立てる

今回お示しをしている図は、立位を矢状面から見たものです。

fsrs

足関節周囲の機能障害に伴い、背屈位を余儀なくされているとします。

足関節の問題が明確になっている場合、ここから運動学的にどのようなストーリーをもって姿勢保持がなされているかを考えてみたいと思います。

この場合、足関節背屈に伴って下腿が前傾していますが、もしもこの状態にて膝関節が伸展すると前方に倒れることが考えられます。

そのため、膝関節を屈曲させますが、大腿、骨盤、体幹は後方に傾斜し、後ろに倒れようとする働きが生じると考えられます。

daeaee

これに対して胸腰椎移行部の屈曲は姿勢保持に一役買っているものと思われ、必要な運動になります。

足関節周囲の機能障害が診断名や姿勢分析、検査測定に基づき明確であれば、このような例では膝関節や体幹から治療するのではなく、足部・足関節から治療をおこなうことが妥当となることでしょう。

姿勢・動作観察において、ストーリーを立てたうえで治療につなげることにより、明確な評価に基づく運動療法の実践につながると考えられます。

明日からの臨床のご参考にして頂ければ幸いです。

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
32706684_246788225868896_2239270414830272512_n
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部