f5a2410c93c4ca684ac2e14af5fffe41_s

PT大沼俊博の臨床家ノート 幼児から学んだハンドリングのヒント

私が新人のころ、ハンドリングが上手な先生の手ってどんな感じなのだろうと、師匠や先輩方の手や身体の使い方を観察していました。

憧れで遠い存在でした。

先輩方のハンドリングを学び、見よう見真似で担当患者さんに同じように試みようとしてもなかなか難しい…。

先輩方のように患者さんをうまくハンドリングして治療に努めたいと真剣に考え、日々の臨床をもがいていました。

そんな日が続いたある日、実家で暮らしていた私に姉の子どもの子守りのお鉢が回ってきたのです。

甥っ子を抱くことに慣れていないわたしは緊張でガチガチです。

『どのように触ったら泣かない??』

答えがわからないまま自信もなく、そのうえ緊張して甥を抱くと間もなく泣きだしました。

緊張と幼児を触れることに自信がない私のガチガチな腕と身体に包まれてはさぞかし不快と不安を感じたのでしょう。

ef26d30b12b505d651437dd213566220_s
大泣きでした。

甥っ子が泣いているときは予測ができない運動を示すため、私との筋緊張のぶつかり合いになります。

必死になって窮屈に抱くと余計にもがいてしまいます。

しかしゆとりをもって抱いてあげると、もがかなくなる変化を感じました。

『押してもダメならみたいなものか??』

数日甥っ子と過ごす日々のなかで感じることがありました。

機嫌よく抱っこされ、自らもごきげんに動いているときは、抱っこの際の支持面は最小限であり、抱っこの感触を軽く感じるのです。

また眠ってしまっているときは筋緊張が低くなり、支える面も広く、抱っこをしている甥っ子を重く感じました。

20歳代のわたしは、甥っ子と過ごす日のなかで、患者さんのハンドリングを考えていくうえで、以下のようなヒントをもらいました。

1.運動時に筋緊張の亢進を認める患者さんに対して強引な誘導をおこなうと、力のぶつかり合いになってしまう。

このようなときはセラピストの理想の型にはめようとせず、患者さんの持つ運動を共有することもよい。

2.覚醒レベルの低い人は、筋緊張が低くなりやすい。

運動を導くには、眠りやすい肢位よりも、運動につなげる肢位の選択を考えた方がよい。

3.自ら運動をおこなおうとしている患者さんへのハンドリングは最小限で済む。もしくはハンドリングの手を離すことができる。セラピストが感じる誘導時の抵抗も最小限なものとなる。

患者さんに触れる際の一助になれましたら幸いです。

 

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
oonuma
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部