2509cfdac5bd64d11128b0686d2b5954_s

PT大沼俊博の臨床家ノート 座位姿勢評価 −骨盤に着目して−

臨床にて座位姿勢を評価する機会は多岐にわたります。

例を出しますと脳血管障害片麻痺患者さんにおいて座位姿勢保持に不安定性を認めることでADLに支障をきたしている場合

どの筋に問題があり座れないのか?
麻痺側の殿部周囲の表在感覚障害や股関節の深部感覚障害も伴っているから安定して座れないのか?
股関節に関節可動域制限がある?
などと姿勢観察に基づいて主要な機能障害を考えていきます。

私が座位姿勢を評価する際、よく行う導入として、まずは骨盤を診ます。

前方から両側の上前腸骨棘をマーキングしたり、セラピストの母指や示指で上前腸骨棘を軽く触れます。セラピストの指を上前腸骨棘にあてる際には、セラピストの爪がマーキングのような役割を果たします。

この評価により、まずは骨盤がどのような肢位になっているかがみえてきます。

端座位において、上前腸骨棘の一側が下がってみえるのか、上がっているのか。

これにより骨盤が下制位になっているのか、もしくは挙上位になっているのか見分けることができます。

また側面から観察してみて、座面に対して骨盤がおおよそ垂直位であれば、骨盤は前傾後傾中間位と表現しています。

骨盤が座面に対して垂直位よりも前に傾いていれば骨盤前傾、後ろに傾いていれば骨盤後傾と表現しています。

側面からみて骨盤が座面に対して垂直よりも後ろに傾いていて、なおかつ前方から観察して、上前腸骨棘の左側が右側よりも後ろにあるとしましょう。

このときの骨盤の肢位はどうなっているでしょうか?

骨盤は後傾、左回旋位にあると観察できます。

端座位にて骨盤から評価をおこなうと、骨盤が挙上位、下制位、後傾位、前傾位なのか、回旋はどちらなのかみえてくるのです。
b0bf64a94cdcd658950b321b4e96bd06_s

上記は一例ですが、このような骨盤の肢位に対して、両股関節、胸腰椎、肩甲骨、頭部、両上肢はどうなっているのかを運動学的に紐解いていくと、すべて意味のある姿勢保持のための肢位であることが理解できてきます。

骨盤の肢位と股関節、胸腰部の肢位との関係を運動学的に確認し、それにと共に解剖学的な解釈を進めていけば、なぜそのような座位になるのかが読み取れてくることでしょう。

今後、臨床家ノートのコーナーにて臨床的観点からの座位姿勢評価について、さらに言及していければと考えています。

今回のお話から、明日からの臨床における座位姿勢評価時の導入として、上前腸骨棘に指をあててみて下さい。

座位姿勢評価時の問題点のストーリーを立てていく際の一助になればと考えます。

執筆者
大沼 俊博  PT, M.S. (Health Sciences)
oonuma
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部