15369997_1609701779338766_1148457286152614424_o(2)

PT大沼俊博の臨床家ノート 腰部の腸肋筋を感じる

今回は腰部の腸肋筋についてのお話です。

腰部の腸肋筋は骨盤と胸郭の間を走行している部位が触診しやすいかと思います。

まず側腹部を触診してみてください。

柔らかく感じる部位は腹横筋や内腹斜筋、外腹斜筋が重層している部位になります。

圧を加えて押しながら触るとブヨブヨした感触です。

そこから触診の位置を少しずつ後面にスライドさせていきますと、ブヨブヨした感触であったものが突如ガツっと硬く感じる筋に出会います。

a60cfc63fd256acdd2a1986105c093ac_s

この硬く感じる部位が腰部の腸肋筋です。

両側の腸肋筋が収縮すると骨盤と胸郭の間を近づけ、体幹の伸展に関与します。

立位にて胸郭を一側に下制させますと体幹は側屈します。

この際、側屈してる側とは反対側の腸肋筋が制御に関与します。

これにより体幹側屈作用を有することがわかります。

また腸肋筋には体幹同側回旋作用があります。

骨盤と胸郭の間を逆『ハ』の字の方向で走行しています。

右の腸肋筋にて考えますと、胸郭に位置する腸肋筋の線維は、骨盤に近い腸肋筋の線維よりもやや右の外側に位置することになります。

そこで骨盤に対して胸郭を近づけるように収縮しますと体幹は右回旋方向への運動が生じることになります。

今回は腸肋筋を感じることのできる触診部位と運動学についてご紹介をさせて頂きました。

引き続き臨床家ノートにて腸肋筋についても運動学的、解剖学的観点から臨床に役立つお話をさせて頂きたいと思っております。

ご参考になさってください。

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
32706684_246788225868896_2239270414830272512_n
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部