36338874_272451496658097_7955469464550506496_n

PT大沼俊博の臨床家ノート 運動学、解剖学で考える運動療法

臨床において、患者さんへの介助や運動の誘導に関して、運動学、解剖学的に考えていくと、自分の評価と運動療法の内容が明確になることをよく経験します。

脳血管障害片麻痺患者さんの立ち上がりにおいて、殿部離床を経て直立位を迎えることが困難な場合があります。

麻痺側の大腿四頭筋の筋緊張低下を認めることで膝関節の伸展運動が困難となり、わずかな殿部離床後に尻もちをつくように再び座位に戻ってしまうようなケースです。

適宜患者さんの麻痺側の膝に対してセラピストの膝をあてることで膝折れを防ぎ、これと共に麻痺側の腋窩から引き上げることや、患者さんのズボンのウエスト部分をつかませて頂き、ズボンを引き上げることにより膝関節の伸展運動に伴う殿部離床、その後の股関節伸展運動の誘導を行うことがあります。

臨床で何気に行っている運動の誘導や介助をよくよく考えていきますと、運動学、解剖学的に全て意味をもつものになっていることを感じます。

上記はわずかな例ですが、臨床において、自分が患者さんに触れて行っている誘導や介助について、運動学、解剖学的観点から同僚や学生さんに解説することで、セラピストとしての思考が明確になります。

2

曖昧な説明になっているときは、評価とアプローチもおそらく不明確になっているでしょう。

できるだけ曖昧にならないように、養成校で学んだ基礎知識を運動療法に落とし込むことの重要性を大切にし、臨床にフル活用していければと考えています。

執筆者
大沼 俊博 PT, M.S. (Health Sciences)
32706684_246788225868896_2239270414830272512_n
六地蔵総合病院 リハビリテーションセンター 副センター長
関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 助教
関西理学療法学会 理事
関西理学療法学会 神経疾患理学療法 認定講師
関西理学療法学会 基礎理学療法 認定講師
株式会社WorkShift セミナー事業部