2018年7月17日(火)ナイトセミナー 立位・歩行の改善のための下肢支持性の評価と治療

新着
開催日時 2018年7月17日 (火)
開始:19: 00| 終了:21:30 | 開場:18:45
開催地 大阪府
住所 株式会社Work Shiftセミナールーム
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分
地図はここをクリック
主催 株式会社Work Shift
費用 4,000円
受講料は当日受付にてお支払ください。
定員 36名限定(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
対象者 理学療法士
作業療法士
鍼灸師
柔道整復師

セミナー説明

セミナー講師
セミナー講師
脳卒中片麻痺患者、大腿骨頚部骨折患者などでは、下肢の支持性が十分に得られず、立位・歩行の獲得に難渋するケースが散見されます。

しかし、下肢の支持性といっても具体的に何の支持が低下しているのかは大変曖昧です。

骨盤帯・股関節・膝関節・足関節を個別に評価し、機能障害が生じている部位にピンポイントに治療を行うことが、下肢支持性における本当の問題点の発見につながります。

両側立位・片脚立位を獲得することは歩行やその他日常生活動作の改善につながりやすいため、セラピストとしては適切な評価と治療が求められます。

今回は、六地蔵総合病院の大沼俊博先生より、下肢支持性に関する評価や治療に関して詳細にご解説をいただきます。

また、座学だけでなく、実際に実技練習を通じて下肢支持性の評価と治療を学びます。

本セミナーの目標は、「明日の臨床ですぐに実践できること」です。

動作観察や動作分析の基本を知ることで、臨床が楽しくなることが本セミナーの狙いとなっています。

内容
1)下肢支持性の評価のポイント
2)下肢支持性低下の機能障害
3)下肢支持性低下に対する片脚立位の評価と治療(実技)

講師
大沼 俊博先生

関西医療大学保健医療学部理学療法学科
理学療法士

大沼先生の解剖学・運動学に基づくハンドリングテクニックは受講生の方より大変好評をいただいています。

特殊なテクニックを用いるのではなく、解剖学・運動学の知識があれば適切なハンドリングが可能であることをお伝えいただきます。

下記フォームからお申込みください

申し込みには、必要事項を記入いただき、送信ボタンのクリックください。
記入いただいたメールアドレスに受付完了のメールが届きます。

セミナー
2018年7月17日(火)ナイトセミナー 立位・歩行の改善のための下肢支持性の評価と治療
お名前
※入力必須
所属(医療機関・介護事業所名等)
※入力必須
職種
※入力必須
経験年数
※半角数字で入力
ご住所(ご自宅)
※番地,部屋番号など最後まで入力下さい
携帯電話番号
※入力必須、全角半角文字で入力
メールアドレス
※入力必須、半角英数で入力

必ずパソコンでご使用のメールアドレスを入力ください。携帯電話用は不可

当サイトを知ったきっかけ
質問等ありましたらお書きください
キャンセルポリシー
セミナー申込後、お客様のご都合によりキャンセルをされる際は、
be.workshift@gmail.comまでご連絡下さい。
株式会社Work Shiftのキャンセルポリシーに基づき キャンセル料が発生致します。ご了承下ください
キャンセル料
  • ・セミナー当日から7日前まで:無料
  • ・セミナー当日から6日前から3日前まで:受講料の50%
  • ・セミナー2日前・前日・当日:受講料の100%
  • ・セミナー開催後の取消または無連絡不参加:受講料の100%